世界卓球2017 女子の結果速報と組み合わせトーナメント表!

2017年の世界卓球、女子の活躍が非常に楽しみですよね。世界卓球2017の女子の結果速報や組み合わせトーナメント表はどうなっているのか?多くの人が気になっているかと思いますので、結果を速報で確認すると共に、組み合わせトーナメント表もしっかりとチェックしておきましょう。




 

【2017年】世界卓球 女子の結果速報!

世界卓球2017、女子は若い世代の選手がかなり実力をつけてきています。どのような結果になったのか?結果速報をみていきましょう。

<日程:5月29日(月)~6月5日(月)>
世界卓球2017の日程と放送予定!テレビで日本代表を応援しよう!
<世界ランキング(5月)>
卓球 最新世界ランキング(2017年5月) 女子と男子の日本選手の順位は!?

女子シングルス 結果

※【女子シングルス準決勝】平野美宇vs丁寧
【動画】平野美宇vs丁寧~世界卓球2017 準決勝~

<決勝>
丁寧 4-2 朱雨玲

優勝は丁寧!

優勝:丁寧
準優勝:朱雨玲
3位:平野美宇、劉詩雯

<準決勝>
平野美宇 1-4 丁寧

<準々決勝>
石川佳純 1-4 丁寧
平野美宇 4-0 馮天薇

<4回戦>
石川佳純 4-0 サマラ
平野美宇 4-0 XIAO Maria
加藤美優 0-4 木子
伊藤美誠 2-4 朱雨玲

<3回戦>
佐藤瞳 3-4 サマラ
石川佳純 4-1 リヒョンシム
平野美宇 4-1 陳思羽
加藤美優 4-3 梁夏銀
伊藤美誠 4-0 蘇慧音

<2回戦>
佐藤瞳 4-0 鄭先知
石川佳純 4-0 ノスコワ
平野美宇 4-0 スターシニー
加藤美優 4-2 呉穎嵐
伊藤美誠 4-1 エーラント

<1回戦>
佐藤瞳 4-0 ムケルジ(予選通過者)
石川佳純 4-0 クマハラ(予選通過者)
平野美宇 4-0 オショナイケ(予選通過者)
加藤美優 4-0 チャンシュアン(予選通過者)
伊藤美誠 4-3 グイリン(予選通過者)




女子ダブルス 結果

<決勝>
陳夢/朱雨玲 3-4 丁寧/劉詩雯

優勝は丁寧/劉詩雯ペア!

優勝:丁寧/劉詩雯
準優勝:陳夢/朱雨玲
3位:早田ひな/伊藤美誠、馮天薇/ユー・モンユー

<準決勝>
早田ひな/伊藤美誠 4-1 丁寧/劉詩雯

<準々決勝>
早田ひな/伊藤美誠 4-0 杜凱栞/李皓晴

<3回戦>
平野美宇/石川佳純 0-4 丁寧/劉詩雯
早田ひな/伊藤美誠 4-1 ミハイロワ/VOROBEVA Olga

<2回戦>
平野美宇/石川佳純 4-0 マンツ/ワン・ユエン
早田ひな/伊藤美誠 4-2 金暻娥/徐孝元

<1回戦>
平野美宇/石川佳純 4-2 オラワン/スターシニー
早田ひな/伊藤美誠 4-0 アシュワンデン/クマハラ

<男子>
世界卓球2017 男子の結果速報と組み合わせトーナメント表!
<日程>
世界卓球2017の日程と放送予定!テレビで日本代表を応援しよう!




【2017年】世界卓球 女子の組み合わせトーナメント表!

女子シングルス

【4回戦~決勝】
※日本選手:石川佳純、伊藤美誠、加藤美優、平野美宇

女子ダブルス

【準々決勝~決勝】
※日本選手:伊藤美誠/早田ひな




女子シングルス

【1回戦~3回戦】
※日本選手:石川佳純、伊藤美誠、加藤美優、平野美宇、佐藤瞳




女子ダブルス

【1回戦~3回戦】
※日本選手:石川佳純/平野美宇、伊藤美誠/早田ひな

【速報】主な選手のシード発表!
<シングルス>
第1シード:丁 寧(中国)1位
第2シード:劉 詩雯(中国)2位
第3シード:朱 雨玲(中国)3位
第4シード:フォン・ティエンウェイ(シンガポール)4位
第5シード:陳 夢(中国)5位
第6シード:石川 佳純(全農)6位
第7シード:鄭 怡静(台湾)7位
第8シード:平野 美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)8位(11)
第9シード:佐藤 瞳(ミキハウス)10位
第10シード:伊藤 美誠(スターツSC)10位
第11シード:杜 凱琹(香港)13位
第12シード:リュウ・ジャ(オーストリア)15位
第13シード:ソルヤ(ドイツ)20位
第22シード:加藤 美優(日本ペイントホールディングス)32位
<ダブルス>
第8シード:伊藤美誠・早田ひな(希望が丘高)
第28シード:石川佳純・平野美宇

世界卓球2017の日程は5月29日(月)~6月5日(月)の期間。5月に入れば組み合わせトーナメント表が公開されると思いますので、随時更新していきたいと思います。(おそらく、開幕直前に組み合わせトーナメント表が発表)

そして、世界卓球2017の大会期間中は結果を速報で記載していきます。

【女子】日本代表メンバー

<女子シングルス>
石川佳純(全農)
伊藤美誠(スターツSC)
加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)
佐藤瞳(ミキハウス)
<女子ダブルス>
石川佳純(全農)・平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)
伊藤美誠(スターツSC)・早田ひな(希望が丘高)
<混合ダブルス>
吉村真晴(名古屋ダイハツ)・石川佳純(全農)
田添健汰(専修大)・前田美優(日本生命)

世界卓球は1年毎に団体戦と個人戦と変わります。つまり、交互に行われるということ。奇数年に個人戦。偶数年に団体戦が開催されます。ですので、昨年の2016年の世界卓球は団体戦。一昨年の2015年の世界卓球は個人戦でした。

この流れからわかるように、2017年は個人戦。個人戦の中には「シングルス」「ダブルス」「混合ダブルス」と3つの種目があります。混合ダブルスとは、男女がペアになってダブルスを行うこと。

2017年の世界卓球では女子の石川佳純選手が男子の吉村真晴選手とペアを組み、女子の前田美優選手は男子の田添健汰選手とペアを組みます。ちなみに、2015年の混合ダブルスでは吉村真晴選手と石川佳純選手の混合ダブルスが銀メダルを獲得。2017年は優勝目指して頑張ってほしいですね。

2015年の世界卓球女子シングルスで、日本人選手の中で一番よい成績だったのが伊藤美誠選手です。準々決勝で中国の李暁霞選手に2-4で敗退。ただ、当時、中学3年生でベスト8ですのでかなり凄いことです。この2年でどのぐらい成長したのか?楽しみですね。

2017年の世界卓球では準決勝,決勝へと駒を進める日本人選手が出てくることに期待をしたいと思います。

【世界卓球2015】女子シングルス準々決勝 伊藤美誠vs李暁霞

女子シングルスの注目選手は石川佳純選手と伊藤美誠選手と平野美宇選手。世界ランキングで日本人のトップ3がこの3名です。

<世界ランキング 日本女子トップ3>
3位:石川佳純(日本)
7位:伊藤美誠(日本)
9位:平野美宇(日本)

世界卓球2017では日本のエースだった福原愛選手は出場しません。2016年に結婚し、現在は卓球よりも家庭を優先しているとのこと。福原愛選手がいなくなり、女子日本は大丈夫なのか?と不安になる人が大勢いるかと思いますが、大丈夫です。

今の女子日本は若い世代がかなり実力をつけ、活躍中。伊藤美誠選手と平野美宇選手は16歳という若さで数々の大会で優秀な成績をおさめています。

最近行われた国内大会、ジャパントップ12では伊藤美誠選手は準優勝。決勝で石川佳純選手に敗れてしまいましたが、石川佳純選手相手にいい試合をしました。

2017年の全日本卓球選手権では平野美宇選手が決勝で石川佳純選手に4-2で勝利し、優勝。今の日本のエース石川佳純選手と互角に戦える伊藤美誠選手や平野美宇選手は日本にとって心強い選手なのです。

石川佳純選手と伊藤美誠選手&平野美宇選手のみうみまコンビには世界卓球2017で活躍してほしいですね。

【石川佳純】2017年と2016年の主な成績

<2017年>
【ジャパントップ12卓球大会】
・女子シングルス 優勝
【全日本卓球選手権大会】
・女子シングルス 準優勝
・混合ダブルス 準優勝(吉村真晴ペア)
<2016年>
【全日本卓球選手権大会】
・女子シングルス 優勝
【ITTFワールドツアー・ドイツ】
・女子シングルス 準優勝
【第53回世界卓球選手権団体戦】
・女子団体 準優勝(石川、福原、伊藤、若宮、浜本)
【リオデジャネイロオリンピック】
・女子シングルス 3回戦
・女子 団体3位(石川、福原、伊藤)
【ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン】
・女子シングルス 優勝
【ITTFワールドツアー・グランドファイナル】
・女子シングルス 3位

【伊藤美誠】2017年と2016年の主な成績

<2017年>
【ジャパントップ12卓球大会】
・女子シングルス 準優勝
<2016年>
【全日本卓球選手権大会】
・女子シングルス 3位
【第53回世界卓球選手権団体戦】
・女子団体 準優勝(伊藤、石川、福原、若宮、浜本)
【ITTFワールドツアー・カタールオープン】
・女子ダブルス 準優勝(福原愛ペア)
【ITTFワールドツアー・クロアチアオープン】
・U21女子シングルス 優勝
【リオデジャネイロオリンピック】
・女子団体 3位(伊藤、石川、福原)
【第22回アジアジュニア選手権】
・ジュニア女子団体 準優勝(伊藤、平野、塩見、長崎)
【ITTFワールドツアー・オーストリアオープン】
・女子シングルス 優勝
【第14回世界ジュニア選手権】
・女子団体 優勝(伊藤、加藤、平野、早田)

【平野美宇】2017年と2016年の主な成績

<2017年>
【全日本卓球選手権大会】
・女子シングルス 優勝(史上最年少の16歳9ヶ月での優勝)
<2016年>
【ITTFワールドツアー・ポーランドオープン】
・女子シングルス 優勝
【卓球女子ワールドカップ】
・女子シングルス 優勝(日本人初、史上最年少での優勝)

2017年の世界卓球も盛り上がること間違いなし!組み合わせトーナメント表をしっかりと確認して、大会が始まったら随時、結果速報をチェックしていきましょう。

日本女子の活躍に期待です。

<関連記事>
世界卓球2017 男子の結果速報と組み合わせトーナメント表!
世界卓球2017の日程と放送予定!テレビで日本代表を応援しよう!
卓球世界選手権2017 中国代表メンバー(男子と女子) 日本代表と見比べ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る