ITTFワールドツアー2017 韓国オープンの結果速報!

2017年のITTFワールドツアー韓国オープン。石川佳純選手など有名選手が出場する為、多くの人が結果速報が気になっているのではないでしょうか?ITTFワールドツアー2017の韓国オープン、結果はどうなっているのか?速報で確認していきましょう!

【2017年】ITTFワールドツアー・韓国オープン 結果速報!

2017年のITTFワールドツアー韓国オープン、さっそく結果速報をチェックしてみたいと思います。

また、別記事で組み合わせトーナメント表を公開していますので、そちらもご確認ください。

<組み合わせトーナメント表>
ITTFワールドツアー2017 韓国オープンの組み合わせトーナメント表!

<2017年4月現在の世界ランキング>
卓球 最新世界ランキング(2017年4月) 女子と男子の日本選手の順位は!?

男子 シングルス

【本戦 決勝】
BOLL Timo(ドイツ)4-0 FRANZISKA Patrick(ドイツ)

優勝はBOLL Timo(ドイツ)!

優勝:BOLL Timo(ドイツ)
準優勝:FRANZISKA Patrick(ドイツ)

【本戦 準決勝】
吉村真晴 2-4 BOLL Timo(ドイツ)

【本戦 準々決勝】
吉村真晴 4-1 WALTHER Ricardo(ドイツ)
松平健太 0-4 BOLL Timo(ドイツ)

【本戦 2回戦】
吉村真晴 4-2 SZOCS Hunor(ルーマニア)
松平健太 4-1 FILUS Ruwen(ドイツ)
田添健汰 1-4 WALTHER Ricardo(ドイツ)
丹羽孝希 1-4 FRANZISKA Patrick(ドイツ)

【本戦 1回戦】
田添健汰 4-3 李尚洙(韓国)
吉村真晴 4-3 MENGEL Steffen(ドイツ)
松平健太 4-1 張禹珍(韓国)
丹羽孝希 4-1 趙勝敏(韓国)
大島祐哉 1-4 FRANZISKA Patrick(ドイツ)
森薗政崇 1-4 GAUZY Simon(フランス)
吉村和弘 0-4 陳建安(チャイニーズタイペイ)
村松雄斗 0-4 林鐘勲(韓国)

【予選 2回戦】
郡山北斗 0-4 DUDA Benedikt(ドイツ)
松山祐季 0-4 KALLBERG Anton(スウェーデン)
張本智和 3-4 林鐘勲(韓国)
森薗政崇 4-3 朴康賢(韓国)
酒井明日翔 2-4 IONESCU Ovidiu(ルーマニア)
田添健汰 4-2 金珉鉐(韓国)
吉村和弘 4-0 LI Ahmet(トルコ)
木造勇人 0-4 張禹珍(韓国)

【予選 1回戦】
郡山北斗 4-0 KIM Byunghyeon(韓国)
松山祐季 4-2 楊恆韋(チャイニーズタイペイ)
五十嵐史弥 1-4 朴康賢(韓国)
酒井明日翔 4-2 CHO Daeseong(韓国)
出雲卓斗 0-4 金東賢(韓国)
田添健汰 4-2 朴慶泰(韓国)
髙見真己 1-4 安宰賢(韓国)
吉村和弘 4-1 黄民河(韓国)
及川瑞基 1-4 丁祥恩(韓国)
木造勇人 4-0 葉致緯(チャイニーズタイペイ)




女子 シングルス

【本戦 決勝】
石川佳純 2-4 馮天薇(シンガポール)

優勝は馮天薇(シンガポール)!

優勝:馮天薇(シンガポール)
準優勝:石川佳純(日本)

【本戦 準決勝】
平野美宇 0-4 石川佳純

<フルはこちらから>
ITTFワールドツアー2017 韓国オープンのTV放送動画(石川佳純 vs 平野美宇)

【本戦 準々決勝】
安藤みなみ 1-4 馮天薇(シンガポール)
平野美宇 4-2 ツォン・ジエン(シンガポール)
早田ひな 2-4 石川佳純

【本戦 2回戦】
橋本帆乃香 1-4 安藤みなみ
加藤美優 0-4 崔孝珠(韓国)
平野美宇 4-0 梁夏銀(韓国)
森さくら 2-4 石川佳純
早田ひな 4-1 SHAN Xiaona(ドイツ)

【本戦 1回戦】
成本綾海 0-4 梁夏銀(韓国)
安藤みなみ 4-1 YU Mengyu(シンガポール)
芝田沙季 0-4 馮天薇(シンガポール)
橋本帆乃香 4-2 徐孝元(韓国)
佐藤瞳 2-4 崔孝珠(韓国)
加藤美優 4-3 SOLJA Petrissa(ドイツ)
伊藤美誠 2-4 LEE Zion(韓国)
森薗美咲 2-4 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
塩見真希 2-4 田志希(韓国)
平野美宇 4-0 LIN Ye(シンガポール)
森さくら 4-1 SZOCS Bernadette(ルーマニア)
前田美優 2-4 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
中畑夏海 0-4 ZENG Jian(シンガポール)
早田ひな 4-1 SONG Maeum(韓国)
石川佳純 4-1 周一涵(シンガポール)

【予選 2回戦】
加藤美優 4-1 劉昱昕(チャイニーズタイペイ)
前田美優 4-1 KIM Jiho(韓国)
宋恵佳 3-4 LEE Zion(韓国)
塩見真希 4-1 劉恩寵(韓国)
安藤みなみ 4-2 鄭先知(チャイニーズタイペイ)
笹尾明日香 3-4 崔孝珠(韓国)
鈴木李茄 1-4 周一涵(シンガポール)
成本綾海 4-2 SHAO Jieni(ポルトガル)
木原美悠 3-4 SONG Maeum(韓国)
中畑夏海 4-1 RYU Hanna(韓国)
皆川優香 0-4 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
芝田沙季 4-0 SHIN Yubin(韓国)
森薗美月 2-4 李恩惠(韓国)
橋本帆乃香 4-3 PARK Joohyun(韓国)

【予選 1回戦】
三宅菜津美 0-4 林珈芝(チャイニーズタイペイ)
安藤みなみ 4-1 金璟娥(韓国)
鈴木李茄 4-0 AN Soyeon(韓国)
成本綾海 4-1 LEE Hyunju(韓国)
皆川優香 4-2 KIM Byeolnim(韓国)




男子 ダブルス

【決勝】
張禹珍/丁祥恩(韓国)3-2 フランチスカ/グロート(ドイツ・デンマーク)

優勝は張禹珍/丁祥恩(韓国)ペア!

優勝:張禹珍/丁祥恩(韓国)
準優勝:フランチスカ/グロート(ドイツ・デンマーク)

【準々決勝】
木造勇人/髙見真己 2-3 張禹珍/丁祥恩(韓国)
※日本人の男子ペアは準々決勝で全て敗退

【1回戦】
丹羽孝希/吉村真晴 2-3 張禹珍/丁祥恩(韓国)
木造勇人/髙見真己 3-2 フィルス/ワルター(ドイツ)
森薗政崇/大島祐哉 1-3 洪子翔/楊恒韋(台湾)

女子 ダブルス

【決勝】
早田ひな/伊藤美誠 1-3 単暁娜/P・ソルヤ(ドイツ)

優勝は単暁娜/P・ソルヤ(ドイツ)ペア!

優勝:単暁娜/P・ソルヤ(ドイツ)
準優勝:早田ひな/伊藤美誠(日本)

【準決勝】
早田ひな/伊藤美誠 3-0 田志希/梁夏銀(韓国)

【準々決勝】
平野美宇/石川佳純 1-3 田志希/梁夏銀(韓国)
早田ひな/伊藤美誠 3-1 金暻娥/徐孝元(韓国)

【1回戦】
平野美宇/石川佳純 3-1 崔孝珠/イ・ジオン(韓国)

男子U21 シングルス

【決勝】
木造勇人 1-3 林鐘勲(韓国)

優勝は林鐘勲(韓国)!

優勝:林鐘勲(韓国)
2位:木造勇人(日本)
3位:酒井明日翔(日本)、及川瑞基(日本)

【準決勝】
酒井明日翔 1-3 林鐘勲(韓国)
木造勇 3-0 及川瑞基

【準々決勝】
木造勇人 3-0 KALLBERG Anton(スウェーデン)
酒井明日翔 3-2 趙勝敏(韓国)
五十嵐史弥 1-3 及川瑞基

【2回戦】
及川瑞基 3-0 黄民夏(韓国)
五十嵐史弥 3-1 朴康賢(韓国)
木造勇人 3-0 朴廷宇(韓国)
郡山北斗 0-3 KALLBERG Anton(スウェーデン)
松山祐季 2-3 林鐘勲(韓国)
酒井明日翔 3-1 安宰賢(韓国)

【1回戦】
出雲卓斗 0-3 WOO Hyeonggyu(韓国)
酒井明日翔 3-0 康珍浩(韓国)
松山祐季 3-0 CHO Daeseong(韓国)
髙見真己 2-3 PLETEA Cristian(ルーマニア)
郡山北斗 3-1 KIM Woojin(韓国)
木造勇人 3-0 CHOI Inhyeo(韓国)
五十嵐史弥 3-0 金民赫(韓国)

女子U21 シングルス

【決勝】
芝田沙季 1-3 安藤みなみ

優勝は安藤みなみ!

優勝:安藤みなみ(日本)
2位:芝田沙季(日本)
3位:崔孝珠(韓国)、LIN Ye(シンガポール)

【準決勝】
芝田沙季 3-2 崔孝珠(韓国)
安藤みなみ 3-0 LIN Ye(シンガポール)

【準々決勝】
芝田沙季 3-2 金智淏(韓国)
森薗美月 0-3 崔孝珠(韓国)
安藤みなみ 3-2 笹尾明日香

【2回戦】
安藤みなみ 3-1 LEE Zion(韓国)
芝田沙季 3-2 黄禹喬(チャイニーズタイペイ)
中畑夏海 2-3 SHIN Yubin(韓国)
笹尾明日香 3-1 塩見真希
皆川優香 1-3 森薗美月
木原美悠 2-3 金智淏(韓国)

【1回戦】
笹尾明日香 3-1 LEE Daeun(韓国)

※2017年4月18日(火)~2017年4月23日(日)に随時、速報で結果を更新します。

<組み合わせトーナメント表>
ITTFワールドツアー2017 韓国オープンの組み合わせトーナメント表!

【2017年】ITTFワールドツアー・韓国オープン 日本の出場選手

まず、ITTFワールドツアー2017の韓国オープンの日程は2017年4月18日から4月23日までの6日間。この6日間は激しい戦いに期待できそうですね。また、日本人選手はだれが出場するのか?非常に気になる部分。

男女の日本人出場選手を確認しておきましょう。

男子

松平 健太(ホリプロ)wr19位
丹羽 孝希(スヴェンソン)wr13位
村松 雄斗(東京アート)wr22位
吉村 真晴(名古屋ダイハツ)wr30位
大島 祐哉(エースクルーエンタテイメント)wr24位
張本 智和(JOCエリートアカデミー)wr61位 *JNT派遣
森薗 政崇(明治大学)wr59位
田添 健汰(専修大学)
吉村 和弘(愛知工業大学)
木造 勇人(愛工大名電高校)wr130位 *JNT派遣
髙見 真己(愛工大名電高校)wr312位 *JNT派遣

男子(自主参加)

及川 瑞基(専修大学)wr95位
酒井明日翔(明治大学)wr109位
郡山 北斗(専修大学)wr211位
出雲 卓斗(遊学館高校)wr213位
松山 祐季(愛知工業大学)wr226位
五十嵐史弥(遊学館高校)

女子

石川 佳純(全農)wr4位
伊藤 美誠(スターツSC)wr8位
平野 美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)wr11位
佐藤  瞳(ミキハウス)wr9位
加藤 美優(日本ペイントホールディングス)wr34位
早田 ひな(希望が丘高校)wr21位*JNT派遣
前田 美優(日本生命)wr62位
木原 美悠(JOCエリートアカデミー)wr159位 *EA派遣
笹尾明日香(横浜隼人高校)*JNT派遣

女子(自主参加)

森薗 美咲(日立化成)wr31位
森 さくら(日本生命)wr31位
橋本帆乃香(ミキハウス)wr22位
塩見 真希(四天王寺高校)wr51位
中畑 夏海(愛知工業大学)
芝田 沙季(ミキハウス)wr49位
森薗 美月(サンリツ)wr80位
宋  恵佳(中国電力)
安藤みなみ(専修大学)wr103位
成本 綾海(中国電力)wr126位
皆川 優香(昇陽高校)
三宅菜津美(中国電力)
鈴木 李茄(日立化成)

日本のランキング上位の選手が何名も参加表明していますね。

男子の注目はリオオリンピックで活躍した丹羽孝希選手や吉村真晴選手。そして若手で最も勢いのある選手、張本智和選手。この3名には特に注目していたいと思います。もし水谷隼選手が引退をしたら・・・日本を引っ張っていくのはこれらの選手になっていくのではないか?と予想。ですので、今回のような大会でしっかりと結果を出してほしいところです。

女子の注目はやはり、石川佳純選手。現在、日本女子のトップ選手ですから、ITTFワールドツアー韓国オープンの結果に期待。そして、伊藤美誠選手と平野美宇選手のみうみまコンビもかなり強く成長しています。ITTFワールドツアー韓国オープンではよい結果が期待できそうですよね!

そしてもう1人注目したいのが、早田ひな選手。みうみまと幼いころからライバルとして戦ってきて、ここ最近急成長を遂げている選手だからです。みうみまコンビに追いつくのも時間の問題・・・。将来、日本女子卓球界を引っ張ってくれる存在になると信じています!

このように、注目しておきたい選手が多数出場しますので、ITTFワールドツアー2017、韓国オープンの結果速報は見逃すことが出来ませんよ!

 

【2017年】ITTFワールドツアー・カタールオープン 結果

2017年の2月にはITTFワールドツアーカタールオープンが開催されましたね。日本人選手の上位の結果はどんな感じだったのでしょうか?

<男子シングルス>
準々決勝敗退:丹羽孝希
準々決勝敗退:吉田雅己(※「吉」は土に口)
1回戦敗退:松平健太
1回戦敗退:大島祐哉

<男子ダブルス>
優勝:森薗政崇/大島祐哉

<女子シングルス>
準々決勝敗退:伊藤美誠
2回戦敗退:森薗美咲
2回戦敗退:加藤美優
1回戦敗退:佐藤瞳
1回戦敗退:平野美宇
1回戦敗退:石川佳純

<女子ダブルス>
準々決勝敗退:平野美宇/石川佳純

上記の選手の結果は、予選を勝ち抜いて、決勝トーナメントでの結果です。シングルスでは男女共に、準々決勝敗退が最高記録ですが、男子ダブルスに関しては見事優勝!中国選手の棄権もありましたが、優勝することは凄いことです。

中国選手の壁はまだまだ高いですが、いつの日か日本人選手が打ち破ってくれることを祈っていましょう!韓国オープンの結果速報、要チェックですよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る