卓球 木星2ブルーの試打レビュー!(WRMラバー)~パラディンブルー,キングプロブルーと比較~

卓球のラバーで注目されている粘着テンションラバー。今回はWRMさんで販売されている木星2ブルーの試打レビューをしたいと思います。比較は同じくWRMさんで販売されているパラディンブルーとキングプロブルー。卓球初級者~中級者の方でWRMさんの粘着テンションラバーが気になっている方は是非、試打レビューを参考にしてみてほしいと思います。

【卓球】WRMラバーの木星2ブルーを試打レビュー!

WRMさんで販売されている卓球ラバーの木星2ブルー!粘着テンションということでテンションラバーより弾まない分、台上のやりやすさと回転量の多さが特徴的です。また、ドライブが伸びたり沈んだり相手が取りづらい球がいくのも特徴。(WRMさんの粘着テンションラバー全般に言えること)

多くの卓人が注目していてWRMさんの売り上げNO1のラバー木星2ブルー。ただ、WRMさんは他にもパラディンブルーやキングプロブルーという粘着テンションラバーも販売しています。これらのラバーの比較と木星2ブルーでの戦い方をお伝えしたいと思います。

初級者~中級者層におススメの粘着テンションラバーとなっておりますので、気になっている方は試打レビューを参考にしてみて下さい。

<WRM 公式HP>
https://rubber.ocnk.net/

木星2ブルー 試打レビュー

まず、木星2の弧線をパラディンブルーとキングプロブルーで比較すると丁度中間の位置。パラディンブルーは直線的な弾道に対しキングプロブルーは弧線を描く。そして、回転量はパラディンブルーやキングプロブルーよりもあります。
そして、パラディンブルーとキングプロブルーはテンション打ちでもよい球がいきますが、木星2ブルーは粘着打ちでないと性能を発揮できないイメージです。(テンション打ちでもいけますが、粘着打ちの方がよい球がいく)
パラディンブルーやキングプロブルーよりも粘着よりというわけです。

ですので、ブチギレサーブとナックルサーブを上手く使い分けて回転の落差でサービスエースを取ったりチャンスボールを作ったり。また、ドライブは相手コートでグンと伸びるので対戦相手は非常に取りづらいかと思います。

ただ、パラディンブルーやキングプロブルーよりもスピードが出ないので、スピードで勝負するプレイヤーには向かない感じです。ちょりドラやループドライブで攻めチャンスを作り、相手のブロックが浮いたり甘くなったところを決めにいくスタイル。こういった選手に向くラバーだと思います。

多少スマッシュのやり辛さがあるのと日ペンのバックショートが難しいのが難点。粘着テンションラバーなので仕方がない部分ですが、片面日ペンで使う人はバックショートに苦戦すると思います。上手く加減して少し押してあげないとネットを超えなかったりするので、練習して慣れることが必須。

バックショートで振り回して戦いたい人には不向き。逆に、バックはブロックでとめるだけでオールフォア卓球なら日ペンユーザーでもおススメ出来ます。




ブチギレのサーブで攻めたり質の高いレシーブを重視する方。そして、相手の取りづらいドライブを求めたり、ループドライブからチャンスを作って攻める戦い方の人におススメ出来る粘着テンションラバーです。

テンションユーザーで粘着テンションを使ってみたい人は1度使ってみてはいかがでしょうか?硬度は36度と39度とあり、柔らかい方が好きな人は36度。36度の方がかなり扱いやすいです。硬い方が好きな人は39度。39度の方が回転の最大値は上ですので超回転がかけられると思います。(36度は開封して翌日でも扱いやすいですが39度は数日~1週間ぐらいで馴染んで扱いやすくなってきます)

卓球をやっている初級者~中級者層で粘着テンションラバーが気になっている方!是非1度、WRMさんの木星2ブルーを使ってみて下さい。WRMさんの売り上げNO1の理由がわかるかと思います。

購入を悩んでいる方は上記の試打レビューを読み、自分の好みや戦い方に合っているか?参考にして検討して頂けると幸いです。
※パラディンブルーやキングプロブルーの方がよいと感じる人もいますのでこれらの試打レビューを参考にしてみて下さい。

<関連記事>
卓球 キングプロブルーの試打レビュー!(WRMラバー)~木星2ブルー,パラディンブルーと比較~
卓球 パラディンブルーの試打レビュー!(WRMラバー)~木星2ブルー,キングプロブルーと比較~
卓球 粘着テンションラバーを3つ比較!WRM注目のおススメはコレだ!

ページ上部へ戻る