世界卓球2018 結果速報と組み合わせトーナメント表(男子と女子)

2018年の世界卓球、卓球好きはだれもが注目していることでしょう。世界卓球2018の結果速報と組み合わせトーナメント表は絶対に把握しておきたい情報だと思います。今回の日本のメンバーは男子と女子と共に期待ができますからね!男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表は忘れずにチェックですよ!

 

【2018年】世界卓球 男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表

世界卓球2018、さっそく男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表を見ていきましょう。

<試合日程と代表メンバー>
世界卓球2018 日程と出場選手!日本代表や中国男子と女子に注目!

男子(グループリーグ)

<グループC>
日本 vs 台湾
日本 vs イングランド
日本 vs ベルギー
日本 vs ベラルーシ
日本 vs シンガポール

<決勝トーナメント表>

※結果速報と組み合わせトーナメント表が発表され次第、随時記載していきます。

男子のグループ分け
【グループA】
ドイツ、香港、スウェーデン、エジプト、ルーマニア、スロヴェニア
【グループB】
中国、ポルトガル、ブラジル、ロシア、チェコ、北朝鮮
【グループC】
日本、台湾、イングランド、ベルギー、ベラルーシ、シンガポール
【グループD】
フランス、韓国、オーストリア、インド、クロアチア、ポーランド

女子(グループリーグ)

<グループB>
日本 vs オーストリア
日本 vs ハンガリー
日本 vs ウクライナ
日本 vs エジプト
日本 vs アメリカ

<決勝トーナメント表>

※結果速報と組み合わせトーナメント表が発表され次第、随時記載していきます。

女子のグループ分け
【グループA】
中国、シンガポール、ロシア、インド、ベラルーシ、スウェーデン
【グループB】
日本、オーストリア、ハンガリー、ウクライナ、エジプト、アメリカ
【グループC】
台湾、ルーマニア、オランダ、ポーランド、北朝鮮、チェコ
【グループD】
香港、韓国、ドイツ、タイ、ブラジル、ルクセンブルグ

世界卓球は卓球の世界1を決める大きな大会。偶数年に団体戦、奇数年に個人戦が行われ2018年は偶数年の為団体戦。

まずはA,B,C,Dの4つのグループに分けてのグループリーグ。総当たり戦をし、上位3チームまでが決勝トーナメントへ進出。

1チーム5人で1試合に出場するのは3人。選出された3人がスウェイスリング方式で5試合のシングルスを行い、3試合先取したチームが勝利。




【2016年】世界卓球の結果!

前回の世界卓球団体戦は2016年に行われました。2016年の結果を覚えているでしょうか?再確認しておきましょう。

2016年の結果 男子

<団体戦メンバー>
水谷隼、丹羽孝希、大島祐哉、吉村真晴、松平健太

最終結果:準優勝

※グループリーグ1位通過!




2016年の結果 女子

<団体戦メンバー>
福原愛、石川佳純、伊藤美誠、若宮三紗子、浜本由惟

最終結果:準優勝

※グループリーグ1位通過!

2016年の世界卓球団体戦では男子と女子と共に準優勝。2018年は優勝目指して頑張ってほしいですね!

中国という高い壁が立ちはだかるかと思いますが、2018年の日本のメンバーを見てみるとワンチャンあるかもしれません。日本の団体戦メンバーもしっかりと確認しておきましょう。

<関連記事>
世界卓球2018 日程と出場選手!日本代表や中国男子と女子に注目!
世界卓球2018 ライブ配信やテレビ放送予定!
世界卓球2018 団体戦のルールや開催国!
【国別】世界卓球ランキング2018 団体女子と男子の最新順位!
【動画】世界卓球2018 水谷隼や張本智和に注目!
【動画】世界卓球2018 石川佳純や平野美宇に注目!

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る