卓球 中国オープン2017 ドロートーナメント表(男子と女子)~ITTFワールドツアープラチナ~

卓球、2017年のITTFワールドツアープラチナ・中国オープンが男子と女子と共に注目されていますね。2017年のITTFワールドツアープラチナ・中国オープン、ドロートーナメント表がどうなっているのか?非常に気になるかと思います。ここでは男子と女子のドロートーナメント表を確認していきましょう!2017年も卓球が大盛り上がりですよ!

 

【卓球】ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン2017 男子と女子のドロートーナメント表

卓球のITTFワールドツアープラチナ・中国オープン2017、ドロートーナメント表はどうなったのか?さっそく男子と女子のドロートーナメント表を見ていきましょう。

【※追記(6月24日)】
卓球 中国オープン2017 中国選手が棄権した理由!原因は中国卓球協会にあり!?

シングルス トーナメント表(本戦)

<男子>
【準決勝~決勝】

【1回戦~準決勝】

<女子>
【準決勝~決勝】

【1回戦~準決勝】




ダブルス トーナメント表(本戦)

<男子>

<女子>

21歳以下シングルス トーナメント表(準決勝~決勝)

<男子>

<女子>

<結果速報>
卓球 中国オープン2017 結果速報!(男子と女子)~ITTFワールドツアープラチナ~
<試合日程>
卓球 中国オープン2017 日程と組み合わせ(男子と女子)~ITTFワールドツアープラチナ~
<6月 世界ランキング>
卓球 最新世界ランキング(2017年6月) 女子と男子の日本選手の順位は!?

ITTFワールドツアープラチナ・中国オープンは6月20日から中国で開催。卓球王国中国での戦いとなりますので、中国選手に非常に有利な環境と言えるでしょう。最強中国が最高の場で試合できるので、恐らく、表彰台は中国選手で埋まるかと思われます。

しかし、日本選手もなんとか食らいついて、よい成績を残してほしいですよね。ドロートーナメント表はしっかりと把握し、随時、結果を確認していくようにしましょう。

<ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン>
開催日:2017年6月20日(火)~6月25日(日)
会場:成都
<競技種目>
・男子シングルス
・女子シングルス
・男子ダブルス
・女子ダブルス
・21歳以下男子シングルス
・21歳以下女子シングルス

 

日本の出場選手

2017年のITTFワールドツアープラチナ・中国オープン、男子と女子の出場する日本選手が気になりますよね。男子と女子の出場選手を把握しておきましょう。

男子

丹羽孝希(スヴェンソン)wr11位
吉村真晴(名古屋ダイハツ)wr30位
張本智和(JOCエリートアカデミー)wr69位 *JNT派遣
松平健太(ホリプロ)wr18位
吉田雅己(協和発酵キリン)wr44位
上田仁(協和発酵キリン)wr81位
田添健汰(専修大学)wr119位
大島祐哉(エースクルー・エンターテインメント)wr22位
木造勇人(愛工大名電高校)wr126位 *JNT派遣
村松雄斗(東京アート)wr28位
森薗政崇(明治大学)wr63位
松平賢二(協和発行キリン)wr100位
及川瑞基(専修大学)wr109位
酒井明日翔(明治大学)wr111位
吉村和弘(愛知工業大学)wr127位
三部航平(専修大学)wr149位
松山祐季(愛知工業大学)wr168位
龍崎東寅(明治大学)
田中佑汰(愛工大名電高校)wr309位
町飛鳥(シチズン時計)
神巧也(シチズン時計)




女子

石川佳純(全農)wr6位
伊藤美誠(スターツSC)wr10位
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)wr8位
佐藤瞳(ミキハウス)wr10位
早田ひな(希望が丘高校)wr16位
浜本由惟(日本生命)wr30位
笹尾明日香(横浜隼人高校)*JNT派遣
木原美悠(JOCエリートアカデミー)wr158位 *JNT派遣
皆川優香(昇陽高校)wr258位
橋本帆乃香(ミキハウス)wr22位
加藤美優(日本ペイントホールディングス)wr32位
森さくら(日本生命)wr34位
森薗美咲(日立化成)wr36位
塩見真希(四天王寺高校)wr50位
芝田沙季(ミキハウス)wr53位
加藤杏華(十六銀行)wr63位
前田美優(日本生命)wr66位
安藤みなみ(専修大学)wr67位
松澤茉里奈(十六銀行)wr70位
宋恵佳(中国電力)wr97位
鈴木李茄(日立化成)wr149位

男子を見てみると、日本で実力のある選手が何名も参加。特に、丹羽孝希選手と吉村真晴選手には注目したいところ。ベスト8ぐらいまで勝ち進んでくれることに期待したいと思います。

女子はエースの石川佳純選手に、多くの人が注目している平野美宇選手。また、伊藤美誠選手と早田ひな選手にも期待したいところ。世界でもトップのこの4名がどこまで勝ち進んでくれるのか?ベスト4以内に期待したいですね。優勝の可能性も、勿論あるかと思います。

2017年のITTFワールドツアープラチナ・中国オープンは卓球好きの多くが注目している大会。中国という舞台で日本の選手がどこまで活躍してくれるのか?見物ですよね。

卓球を好きになる人がどんどん増えていますので、もっともっと日本でも卓球を盛り上げてほしいと思います!

<関連記事>
卓球 中国オープン2017 結果速報!(男子と女子)~ITTFワールドツアープラチナ~
卓球 中国オープン2017 日程と組み合わせ(男子と女子)~ITTFワールドツアープラチナ~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る