卓球 ラバーの貼り方!失敗した時の対処法は!?

卓球のラバーの貼り方や失敗した時はどうすればいいのか?卓球をやっている人は気になりますよね。特に卓球初心者の人。ラバーの貼り方と失敗した時の対処方法を見ていきましょう。

【卓球】ラバーの貼り方と失敗した時の対処

卓球のラバーの貼り方なのですが、わかりやすい動画があります。ラバーの貼り方に関しては下記の動画を参考にしてみて下さい。

動画

 

慣れてくれば簡単に出来るようになりますが、初心者など慣れていない人がやると失敗してしまうことがあります。多い失敗はチャックを塗る時にムラになってしまうこと。チャックを出しすぎてしまうと均一に綺麗に塗れなくなり、ムラができてしまうことがあります。ムラができてしまうと、ラケットとラバーを貼り合わせた時にボコボコした状態に・・・。

このような失敗をしてしまった場合はラバーについているチャックの層を剥がさなければいけません。層は厚くなっていないと綺麗に剥がせませんので、ラバーにチャックを厚めに塗り、わざと層を作ります。そして、厚くなった層を剥がせば綺麗に!再びラバーに適量のチャックを出し、均一にムラなく塗り貼り合わせるようにしましょう。

ムラができてしまった失敗の対処方法はこんな感じです。

他にはラバーとラケットを貼り合わせる時、ズレてしまったという失敗もあるかと思います。その時はラケットからラバーを剥がして、もう1度チャックを塗り、貼り合わせましょう。チャックをラバーとラケットに出す前に真ん中の綺麗に貼れる位置を予め確認しておいて下さい。

また、貼る時に空気が入ってしまうなんてことも起こり得ます。端の方から空気が入らないよう、丁寧に貼り合わせるのがポイント。これに関しては動画を見ればわかるかと思います。

卓球のラバーの貼り方がわからない!という人は何度も動画を見て、動画を見ながら貼ってみて下さい。数をこなせば自然と上手く出来るようになりますので、自分でどんどんチャレンジしていくことが大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る