卓球 ラバーの貼り方!接着剤を活用しよう!

卓球のラバー、初心者は貼り方がよくわからないのではないでしょうか?多くの人が接着剤を使用して貼っていますので、そのやり方をわかりやすく解説していきたいと思います。卓球初心者は必見ですよ!

【卓球】接着剤を使ったラバーの貼り方

卓球のラバーなのですが、接着剤を使って貼ります。貼り方としては「チャックシート」という物もあるのですが、ほとんどの人が卓球専用の接着剤、「チャック」を使って貼っています。ですので今回、接着剤のチャックを使用した貼り方を覚えていきましょう。

1:接着剤(チャック)をラバーの上に出す

2:専用のスポンジで均一に塗る

3:接着剤(チャック)をラケットの上に出す

4:専用のスポンジで均一に塗る

5:乾くまで待つ(色が白から透明になるまで)


6:ラバーとラケットを貼り合わせる

7:手でおさえる

8:ラケットの大きさに合わせてラバーを切る

動画

 

いかがだったでしょうか?初めてやるとなると少し大変かもしれません。しかし、何度もやっている内に慣れてきます。数をこなそう!ということですね。

初心者の場合はお店の人にやってもらったり先輩や社会人にやってもらう人が多いでしょう。しかし、ある程度したら自分で挑戦してみるのも大切。卓球を続けていくのであれば、ずっと誰かにやり続けてもらうわけにはいきませんからね・・・。

毎回お店に持っていって綺麗にやってもらうことも可能ですが、自分でやるならいつでも好きなタイミングで出来ますから。練習していると途中、剥がれてきてしまうこともあり、そういった時に自分で出来るようにしておけば楽ですしね。

あの日本卓球男子の水谷隼選手も自分でラバーを貼っています。卓球初心者はラバーの貼り方が難しいと感じるかと思いますので、最初は誰かに見てもらいながらやり、慣れてきたら1人でも出来るようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る