卓球 第3回ユースオリンピックアジア予選2017 結果速報と日程!(男子と女子)

2017年の卓球、第3回ユースオリンピックアジア予選が11月3日から開催されます。卓球好きの多くが男子と女子の結果速報や日程が気になるかと思いますので、ここでは男子と女子の結果速報と共に日程を確認していきましょう。第3回ユースオリンピックアジア予選、要チェックですよ!

【卓球】第3回ユースオリンピックアジア予選2017 男子と女子の結果速報!

2017年に行われる第3回ユースオリンピックアジア予選、卓球好きの多くが注目していることでしょう。一番気になるのは結果速報。さっそく、男子と女子の結果速報を確認したいと思います。

男子

※張本智和選手、1位通過でユースオリンピックへの出場決定!

<第2ステージ>
張本智和 4-1 PANAGITGUN Yanapong(THA)
張本智和 4-1 PANG Yew En Koen(SGP)

<第1ステージ>
張本智和 4-0 ALAMRI Abdulaziz(KSA)
張本智和 4-1 KHADER Khaled(JOR)

※大会開催後、結果を速報で更新します。




女子

※平野美宇選手、1位通過でユースオリンピックへの出場決定!

<第2ステージ>
平野美宇 4-0 LYNE Karen(MAS)
平野美宇 4-0 LEE Daeun(KOR)

<第1ステージ>
平野美宇 4-0 AKASHEVA Zauresh(KAZ)
平野美宇 4-1 ZHANG Wanling(SGP)
平野美宇 4-0 ALKHOURY Tina(JOR)

※大会開催後、結果を速報で更新します。




【2017年】第3回ユースオリンピックアジア予選 日程

第3回ユースオリンピックアジア予選の日程は下記をご覧ください。2017年11月3日から5日まで3日間開催されます。

日程:2017年11月3日(金)~2017年11月5日(日)
会場:グレーターノイダ(インド)

※日程はインドの時刻です。(日本は3時間30分進んでいます)




出場選手

<日本>
男子:張本智和
女子:平野美宇

日本からは張本智和選手と平野美宇選手が出場します。

2017年の第3回ユースオリンピックアジア予選には出場資格があり、2000年1月1日~2003年12月31日生まれの選手。尚且つ、2017年10月中発表の世界ランキングにおいて一番上位。日本の選手でこれに当てはまるのが張本智和選手と平野美宇選手というわけです。

ちなみに、中国からは王楚欽選手と孫穎莎選手が参加。恐らく、直接対決はないのでは?と思われます。なぜならば、今回の第3回ユースオリンピックアジア予選は2ステージ制で行われ優勝者の決定がなく、アジアからの出場選手4名を決める戦い。

なんとも言えないですが、日本と中国の試合は見たいところですよね・・・。

<基本情報>
・アジアからユースオリンピックへの出場枠は4枠(代表の4ヵ国とリザーブ4ヵ国)
・4年ごとの開催(出場対象選手の生まれ年も4年ごとに区切られる為、選手個人は一度しか出場のチャンスがない)
・各国からは男女1名ずつしか参加できない

試合は2ステージ制で行われます。第1ステージでは3~5人のグループを4~12グループ作り、グループ内総当たり戦。第2ステージ進出者12名~16名を決め、第2ステージでは3人~4人のグループを4グループ作り、各グループの1位が来年のオリンピック出場権を獲得。各グループの2位はリザーブ。(参加人数によりグループ内の人数が変わる)

来年10月にアルゼンチンで行われる第3回ユースオリンピックのアジア予選が今大会となります。

前回は2014年に中国の南京で開催。2014年の第2回目の大会、日本からは村松雄斗選手と加藤美優選手が出場。

村松雄斗選手は決勝戦で中国の樊振東選手と対戦。惜しくもに敗れてしまいましたが、銀メダルという成績をおさめました。加藤美優選手は準決勝で中国の劉高陽選手に敗れ、3位決定戦に進むも、米国のリリー・チャン選手に敗れてしまいメダルを逃してしまいました。

混合チーム戦では決勝で中国と対戦し、村松雄斗選手は樊振東選手に、加藤美優選手は劉高陽選手に敗戦。中国に負けて銀メダルという結果。やはり、中国の壁は高いですね・・・。

ただ、2017年はこれまでの日本卓球の中でもかなり優秀な若手、張本智和選手と平野美宇選手が出場!中国の若手選手と対等に渡り合える力を持っていますので、好成績に期待が高まります。

卓球好きは張本智和選手と平野美宇選手を全力で応援してあげましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る