卓球 下回転サーブのコツ!ペンホルダーの方が習得が難しい!?

卓球をやっている人ならば最初の段階で習得するであろう下回転サーブ。しかしこの下回転サーブ、単純ですが意外と難しい。初心者には特に練習が必要なサーブです。今回は下回転サーブのコツをお伝えすると共に、ペンホルダーが下回転サーブを出すのが難しい理由について簡単にお伝えしたいと思います。

【卓球】下回転サーブのコツは?

卓球をやっている人ならば下回転サーブは避けては通れない道。しかし、初心者は特に下回転サーブを上手く出すのが難しいと思います。そこで今回は下回転サーブをうまく出すコツについて学んでみましょう。サーブはひたすら練習するに限りますが、コツを知っておいた方が上達が早いですからね!

まず、下回転サーブの出し方はラケットの角度を平行にして、その角度のまま低い打点でボールを当てる。非常に単純ですよね。コツとしてはボールの下をすくい上げるようなイメージで打つとよいでしょう。

サーブを出す時、体重移動をしっかりして、手首のスナップ、そしてスイングスピードを早くすることで強い回転をかけやすくなります。この体重移動や手首のスナップ、スイングスピードを早くしてサーブを出すのは最初はかなり難しいと思います。何度もサーブ練習をして、身につけていきましょう。

最初の内は卓球台に球が入らなくてもいいので、上記のやり方を参考に思い切り回転をかけることを意識して練習するのがおススメ。しっかりと回転をかけられるようになったら調整していき、卓球台に球を入れていくようにしましょう。

ただ下回転サーブの注意点は、ラケットが斜めに入ってしまいやすい点。特にペンホルダーの人は平行にスイングして下回転を出すのが難しいと言われています。下回転を出したつもりが、少し横も混じって横下回転気味になってしまったり・・・。真下回転を出すのって意外と難しい技術なんです。

ペンホルダーは下回転サーブを出すのが難しい!?

ペンホルダーが特に真下回転を出すのが難しいのですがその理由は、サーブを出す時に面が勝手に斜めに傾くようになってしまう、ヘッドが下がってしまうからです。結果、真下回転ではなく、横下回転に。

参考になる動画がありますので、確認してみて下さい。

ペンホルダーが真下回転を出しづらいたった1つの理由とは

いかがだったでしょうか?かなりわかりやすい動画ですよね。真下回転を出すコツとしては後ろに体重を乗せ、水平に面を作ること。ペンホルダーはこれを意識して下回転サーブの練習をしてみるとよいでしょう。

卓球をやっている人で下回転サーブの出し方がわからない!うまく強い回転を出せない!などの悩みがある人は是非、この記事を参考にして練習してみて下さいね。

昔と違って今はネットで調べれば卓球の技術に関することが色々とわかる時代。ネットを活用しない手はありません。特に動画などは非常にわかりやすいので、動画を見て学ぶことはかなりおススメです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る