卓球 サーブの種類を増やす方法!ジャイロサーブはかなりおススメ!?

卓球で一番楽に得点できる方法。それはサービスエースですよね。また、3球目に繋げるためにサーブはとても重要です。卓球をやってる人の中には、サーブの種類が少ないからサーブの種類を増やす方法を知りたい!という人が大勢います。また、サーブの種類を増やすのにあたって、近年話題になっているジャイロサーブに注目をしてほしいなと思いました。今回は卓球のサーブの種類を増やす方法とジャイロサーブについてお伝えしたいと思います。

【卓球】サーブの種類を増やす方法

卓球をやっている人ならば、サーブの種類を増やす方法は知っておきたい内容ですよね。まず、簡単にだれでも直ぐに実践できるのはボールの当てる位置を変えること。

例えば下回転サーブを出す時、ボールをラケット(ラバー)に当てる際に当てる場所を変えてみましょう。ラケットの真ん中に当ててサーブを出す、ラケットの先端に当ててサーブを出す、ラケットの根元に当ててサーブを出す。同じ下回転サーブでもボールをラケットに当てる位置を変えるだけで、球の切れ方や軌道が変わってきます。

同じ下回転のフォームで切れ方や軌道が異なった下回転を出すことで、相手を少し惑わすことが可能でしょう。これもサーブの種類が増えたといってもよいのではいでしょうか?ただ、これでサービスエースをバンバン取れる!という風にはなりませんので、あくまでも多少変化させたサーブを身につけるという視点でお考えください。

次に、サーブの種類を増やす方法はとにかくサーブの上手い選手を見て、練習すること。今ではYouTubeなど動画サイトで様々なサーブの解説動画が無数にあります。横回転系,バックサーブ,しゃがみ込みなどなど、回転の種類やサーブの出しなど様々。サーブの種類を増やしたい人はそういったサーブの解説動画を色々見て、自分が気になったものや試してみたいと思ったサーブを練習しましょう。練習する際、ネットや多数の球があれば一番良いのですが・・・。

私は学生の時、朝練として早く学校に行き、ネットと多数の球を使いもくもくとサーブ練習をしていました。10年以上も前ですので、当時はYouTubeとかなく、動画でサーブの解説などありませんでしたね。その為、先輩のサーブや試合や練習試合でサーブの上手い選手を見て、みようみまねでマネしてみたり、自分で考えたりして練習。結果、サーブはかなり上達できました。

今は動画でサーブの出し方をタダで色々と見ることができる最高の環境が整っていると感じます。是非、参考にしたいと思ったサーブ動画は何度も見て、イメージし、ひたすら練習をしましょう。

色々なサーブ動画を見る、これがサーブの種類を増やす方法のポイントですね。

ジャイロサーブについて

近年話題になっているジャイロサーブ。横回転系のサーブとはどう違うのか?ジャイロサーブについてよく知らない人が多くいるかと思います。

横回転とジャイロサーブでは回転軸が異なります。図で確認してみて下さい。

それぞれの特徴は下記の通りです。

横回転:自分コートでも曲がり相手コートでも綺麗に曲がる
ジャイロ:自分のコートで曲がらなくて相手のコートで曲がる

自分のコートでは曲がらないのに、相手コートで曲がるジャイロサーブ、出すことができれば、相手は上手く合してレシーブするのが大変でしょう。レシーブミスを誘うこともできるかと思います。

ジャイロサーブばかりやるのではなく、横回転系とジャイロサーブを混ぜて出すのもおススメ。相手を余計に惑わすことができるでしょう。

ではそのジャイロサーブ。どうやって出すのか?色々なサーブ動画を見て、個人的にわかりやすくおススメ!と思う動画を見つけましたのでチェックしてみて下さい。

ジャイロ回転サーブを1つのポイントで出せるコツ【卓球知恵袋】

いかがだったでしょうか?ジャイロサーブについて非常にわかりやすく、参考になりますよね。

サーブの種類が少ないという人は、横回転系サーブとジャイロサーブを身につけてみては?サービスエースを取れるようになったり、3球目をうまく自分のパターンに持っていけたり、得点率が上がるかと思います。

サーブの種類を増やす方法について、今回話した内容を是非、参考にしてみて下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る