卓球 ブルガリアオープン2017 組み合わせトーナメント表(男子と女子)~ITTFワールドツアー~

卓球のITTFワールドツアー・ブルガリアオープン2017、多くの卓球好きが注目しているのではないでしょうか?ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン2017の男子の組み合わせトーナメント表と女子の組み合わせトーナメント表はどうなったのか?気になる部分だと思いますので、男子と女子の組み合わせトーナメント表を確認していきましょう。2017年も卓球が熱く、ITTFワールドツアー・ブルガリアオープンは見逃せませんよ!

【卓球】2017年 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン 男子と女子の組み合わせトーナメント表

2017年、卓球のITTFワールドツアー・ブルガリアオープン、男子の組み合わせトーナメント表と女子の組み合わせトーナメント表はどうなったのか?さっそく見ていきましょう。

男子シングルス

<決勝>
松平健太 1-4 オフチャロフ


女子シングルス

<決勝>
石川佳純 4-0 伊藤美誠





男子ダブルス

<決勝>
上田仁/吉村真晴 3-2 S.ゴーシュ/グナナセカラン

女子ダブルス

<決勝>
石川佳純/伊藤美誠 3-1 エクホルム/ポータ




21歳以下 男子シングルス

<決勝>
及川瑞基 3-0 POLANSKY Tomas


21歳以下 女子シングルス

<決勝>
森薗美月 3-1 前田美優


<結果速報と日程>
卓球 ブルガリアオープン2017 結果速報と日程!(男子と女子)~ITTFワールドツアー~
<8月 世界ランキング>
卓球 最新世界ランキング(2017年8月) 女子と男子の日本選手の順位は!?

組み合わせトーナメント表は発表があり次第、記載します。また、ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン試合開催後は随時、組み合わせトーナメント表を更新していきます。

これまでの流れから予想すると、試合開始日の前日ぐらいに発表があると思われます。8月15日から開催ですので、8月14日までに組み合わせトーナメント表の発表があるでしょう。

<ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン>
開催日:2017年8月15日(火)~2017年8月20日(日)
会場:パナギュリシテ

【日本】出場選手

日本から出場する選手はだれがいるのか?男子と女子と共に気になりますよね。男子と女子の出場選手を確認してみましょう。

男子

松平健太(木下グループ)
吉村真晴(名古屋ダイハツ)
上田仁(協和発酵キリン)
田添健太(専修大学)
木造勇人(愛工大名電高校)
戸上隼輔(野田学園高)
宇田幸也(JOCエリートアカデミー)
高木和卓(東京アート)
町飛鳥(シチズン時計)
神巧也(シチズン時計)
及川瑞基(専修大学)
松平賢二(協和発酵キリン)
坪井勇磨(筑波大学)
金光宏暢(大原学園高校 )
高見真己(愛工大名電高)
宮本春樹(愛工大名電高)




女子

石川佳純(全農)
伊藤美誠(スターツSC)
佐藤瞳(ミキハウス)
早田ひな(希望が丘高校)
浜本由惟(日本生命)
橋本帆乃香(ミキハウス)
加藤美優(日本ペイントホールディングス)
笹尾明日香(横浜隼人高校)
森さくら(日本生命)
森薗美咲(日立化成)
塩見真希(四天王寺高校)
芝田沙季(ミキハウス)
加藤杏華(十六銀行)
松澤茉里奈(十六銀行)
前田美優(日本生命)
森薗美月(サンリツ)

水谷隼選手や張本智和選手、平野美宇選手は不参加ですね。

ここ最近、立て続けに国際大会がありましたし、水谷隼選手と張本智和選手はT2リーグにも参加しています。その為、かなりハードなスケジュールで身体が疲れていそうですよね。

大会に出て勝つことは大切ですが、しっかりと休んでコンディションを整えることも重要。次の大会に向けて上手く調整してほしいなと思います。

ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン2017で注目はやはり、石川佳純選手と伊藤美誠選手や早田ひな選手。日本のエースは強いですし、若い世代の選手も急成長中!ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン2017では日本選手の活躍に期待できるかと思われます。

近年、卓球ブームが増し、多くの人が卓球に注目するようになりました。その証拠に、ネットで試合配信が行われるようになりましたし、ツイッターなどSNSでも盛り上がったりしています。

2017年、2018年とこれからもっともっと卓球ブームが来ると予想。卓球を始めてない人は今の内から始めてみてはいかがでしょうか?

老若男女楽しめるスポーツで良い運動になりますよ!

<関連記事>
卓球 ブルガリアオープン2017 結果速報と日程!(男子と女子)~ITTFワールドツアー~
卓球 最新世界ランキング(2017年8月) 女子と男子の日本選手の順位は!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る