世界卓球2021の日本代表選考基準!世界選手権の出場枠は!?

2021年の世界卓球選手権、日本代表はどのようにして選ばれるのか?その選考基準が卓球好きは気になるかと思います。世界卓球選手権2021、日本代表の選考基準をここでは確認していきたいと思います。

【2021年】世界卓球選手権の日本代表選考基準とは?

世界卓球選手権2021、日本代表の選考基準ですが、わかりやすくお伝えしたいと思います。下記にてしっかり情報を把握しておきましょう!

日本代表 選考基準

<出場枠>
男女シングルス各3~5名
男女ダブルス各2ペア
混合ダブルス2ペア

<男女5名の選出方法>
下記〇月とは国際卓球連盟からの対象月の発表があり次第補完
1:2021年〇月発表の世界ランキング20位以内の最上位選手1名
2:2021年〇月発表の世界ランキング100位以内の最上位選手1名
※(1)の世界ランキング20位以内の日本人最上位選手を除く
3:東京オリンピックにて種目に関わらずメダル獲得した選手
4:国内選考会の上位から出場枠に達するまで
※(4)の国内選考会は2021年9月27日(月)~9月30日(木)に大分県杵築市文化体育館にて実施

世界卓球選手権2021の日本代表の選考基準は上記の通り。

世界ランキング最上位の選手だったりオリンピックでのメダル獲得者など、だれもが納得する選考基準だと思います。

また、国内選考会も行われるとのことでこの辺りも平等。世界卓球選手権に出場したい資格ある選手は必死に頑張ることでしょう。

<国内選考会への出場資格者>
1:第32回オリンピック競技大会出場者
2:2021年アジア卓球選手権大会国内選考会10位までの者
3:2021年全日本卓球選手権大会シングルスベスト4の選手
4:第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会シングルス優勝者
5:2022年FISUワールドユニバーシティゲームズ日本代表候補選手
6:2021年全日本卓球選手権大会ジュニアの部優勝者
7:令和3年度全国高校総合体育大会シングルス優勝者
8:令和3年度全国中学校卓球大会シングルス優勝者
9:2021年全日本卓球選手権大会ホープスの部優勝者
10:(1)~9)の人数が24名に達するまで強化本部にて推薦する。

2021年の世界卓球選手権は多くの卓人が注目している国際大会。日本代表はだれになるのか?楽しみに待っていましょう!!

ページ上部へ戻る