卓球 アジア選手権選考会2021 結果速報と組み合わせトーナメント表!日本代表男子と女子はだれ!?

2021年、卓球のアジア選手権選考会が6月17日から行われます。そこで気になるのは男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表!日本代表メンバーは把握しておきたいですよね。卓球のアジア選手権選考会2021の男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表を確認し、日本代表メンバーをチェックしておきましょう!

【卓球】2021年 アジア選手権選考会の結果速報と組み合わせトーナメント表

2021年、卓球のアジア選手権選考会の男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表は下記の通り。日本代表メンバーはだれになったのでしょうか!?
※予選リーグを勝ち上がった選手が決勝トーナメントへ進出します。

<アジア選手権選考会>
開催日:2021年6月17日(木)~2021年6月20日(日)
会場:旭市総合体育館

<試合日程>
卓球 アジア選手権選考会2021 日程と出場選手(男子と女子)~ドーハ大会日本代表選手決め~

※大会開催後、結果速報と組み合わせトーナメント表を随時記載します

男子シングルス

<代表権獲得者(4名)>
木造勇人
戸上隼輔
篠塚大登
村松雄斗

<決勝>
戸上隼輔 2-3 木造勇人

優勝:木造勇人
準優勝:戸上隼輔

<3-4位決定戦>
村松雄斗 – 篠塚大登
※村松雄斗選手棄権

<準決勝>
戸上隼輔 3-0 村松雄斗
木造勇人 3-2 篠塚大登

<5-6位決定戦>
水谷隼 3-0 吉村和弘

<7-8位決定戦>
英田理志 3-1 曽根翔

<5-8位決定戦>
水谷隼 3-0 英田理志
吉村和弘 3-2 曽根翔

<準々決勝>
戸上隼輔 3-1 水谷隼
英田理志 2-3 村松雄斗
木造勇人 3-2 吉村和弘
曽根翔 2-3 篠塚大登




【決勝トーナメント ドロー表】

※大会開催後ドロー表記載

<予選リーグ>
Aブロック:1位:戸上隼輔、2位:及川瑞基、3位:吉山僚一
Bブロック:1位:篠塚大登、2位:平野友樹、3位:森薗政崇
Cブロック:1位:木造勇人、2位:吉田雅己、3位:神巧也
Dブロック:1位:村松雄斗、2位:濵田一輝、3位:田中佑汰
Eブロック:1位:英田理志、2位:有延大夢、3位:吉村真晴
Fブロック:1位:吉村和弘、2位:鈴木颯、3位:丹羽孝希
Gブロック:1位:曽根翔、2位:岡野俊介、3位:龍崎東寅
Hブロック:1位:水谷隼、2位:松島輝空、3位:宇田幸矢
※2位までが決勝トーナメント進出




女子シングルス

<代表権獲得者(2名)>
早田ひな
安藤みなみ

<決勝>
早田ひな 3-1 安藤みなみ

優勝:早田ひな
準優勝:安藤みなみ

<3-4位決定戦>
長﨑美柚 3-1 芝田沙季

<準決勝>
早田ひな 3-0 長﨑美柚
安藤みなみ 3-0 芝田沙季

<5-6位決定戦>
佐藤瞳 3-2 大藤沙月

<7-8位決定戦>
加藤美優 0-2 橋本帆乃香
※加藤美優選手途中棄権

<5-8位決定戦>
加藤美優 2-3 佐藤瞳
大藤沙月 3-0 橋本帆乃香

<準々決勝>
早田ひな 3-1 加藤美優
長﨑美柚 3-0 佐藤瞳
安藤みなみ 3-2 大藤沙月
橋本帆乃香 1-3 芝田沙季




【決勝トーナメント ドロー表】

<予選リーグ>
Aブロック:1位:早田ひな、2位:平真由香、3位:中森帆南
Bブロック:1位:芝田沙季、2位:原芽衣、3位:木原美悠
Cブロック:1位:安藤みなみ、2位:横井咲桜、3位:由本楓羽
Dブロック:1位:佐藤瞳、2位:面田采巳、3位:宋恵佳
Eブロック:1位:長﨑美柚、2位:橋本帆乃香、3位:白山亜美
Fブロック:1位:大藤沙月、2位:出澤杏佳、3位:小塩遥菜
Gブロック:1位:菅澤柚花里、2位:南波侑里香、3位:庄司有貴
Hブロック:1位:加藤美優、2位:森さくら、3位:赤江夏星
※2位までが決勝トーナメント進出

2021年、卓球のアジア選手権選考会の男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表は上記の通りです。日本代表メンバーの今後に注目ですね!

<2021年 アジア選手権選考会の出場資格>
・2021年全日本卓球選手権大会一般の部シングルスベスト8以内
・2021年全日本卓球選手権大会ジュニアの部シングルスベスト4以内
・2021年度男女ナショナルチーム選手・候補選手
・強化本部推薦若干名(総数24名まで)

アジア卓球選手権の日本代表選手選考基準について

卓球のアジア選手権、日本代表選手の選考基準をご存知でしょうか?シングルスの選考基準は下記になります。

男女団体および男女シングルス代表5名の選出方法

・東京オリンピック代表選手(3名)
※但し、選考会へ出場した東京オリンピック代表選⼿は代表権を放棄し選考会の順位を優先、故に選考会上位の男子4名,女子2名が代表権を獲得
・放棄者・辞退者が発生した場合は選考会順位から繰り上げ

2021年、卓球のアジア選手権選考会では上位の男子4名,女子2名の選手が日本代表になることができます。

東京オリンピック代表選手は男子は張本智和選手,丹羽孝希選手,水谷隼選手の3名。但し、丹羽孝希選手と水谷隼選手は選考会に出場していますので、代表権を放棄し選考会の順位を優先。
女子は伊藤美誠選手,石川佳純選手,平野美宇選手の3名。

上記のメンバーに加えて男子4名と女子2名の日本代表が決まります。

男子と女子と共にどの選手がアジア卓球選手権の日本代表に選ばれるのか?注目ですよね!

2021年、卓球のアジア選手権選考会の男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表は見逃さないようにしましょう!

<関連記事>
卓球 アジア選手権選考会2021 日程と出場選手(男子と女子)~ドーハ大会日本代表選手決め~

ページ上部へ戻る