卓球 サーブの種類一覧表!

卓球を始める人はサーブの種類について気になるのではないでしょうか?一覧でわかると便利ですよね!今回は卓球のサーブの種類を一覧表でお伝えしたいと思います。

 

【卓球】サーブの種類一覧表!

卓球のサーブの種類ですがいくつかあります。さっそく一覧表で確認してみましょう。

縦回転

ナックル
下回転
上回転

横回転

横下回転
横回転
横上回転
逆横下回転
逆横回転
逆横上回転

回転には大まかに2つ言い方があり、縦回転サーブと横回転サーブ。ボールの真上や真下を捉えることで上回転や下回転を出します。また、回転をかけずに出すとナックルサーブとなります。下回転とナックルサーブを上手く使い分けてサーブを出したり、フォームでわかりづらく下回転と上回転を出すアップダウンサーブを出したり。サーブには色々な工夫が出来ます。

そして、ボールの横を捉えることで横回転サーブになります。ボールの左側,右側と捉える位置により、横回転サーブ又は逆横回転サーブを出すことが出来ます。さらに、ボールの斜め横下を捉えると横下回転や逆横下回転になり、ボールの斜め横上を捉えると横上回転や逆横上回転になります。

他にもジャイロサーブというのもあります。通常の横回転系のサーブは相手の方に向かってスイングするのに対しジャイロサーブは自分の方に向かってスイングをします。

※WRMさんの動画を参照

卓球のサーブの種類はたくさんある為、一覧で確認しておくとわかりやすいかもですね!一覧で説明した回転も、ブチギレで強い回転を出したり弱めの回転にあえてしたりと回転の強弱をつけることで相手を惑わすことが可能。

回転の種類に加えて強弱も上手く調整できるようになるとさらにサーブ力がupするかと思います。

回転のお話をしてきましたが、サーブに関してはサーブの打ち方やコースの振り分けもありますのでさらに大変!卓球初心者には中々高いハードルだと思いますが、たくさん練習して経験するしかありません。

よいサーブとして言われているのが、「弾道が低く球足がはやい」とか「台から出るか出ないか」のサーブなど耳にすると思います。こういった質の高いサーブを出せるようになる為にはひたすらサーブ練習が必要!サーブが上手い人に出し方を教わったりYouTubeの動画などでサーブを研究し試したりして努力と工夫を日々、していきましょう!

サーブが上手い人はサーブで得点が取れたり、3球目の自分の攻撃パターンに持っていけたりと試合で勝ちやすくなりますので!サーブはとても重要な卓球技術です。

ページ上部へ戻る