【卓球】WRMのラバーレビュー!粘着に挑戦したいテンションユーザーへ!木星2とキンブルとパラディンブルー

卓球動画投稿で日本一のWRM。そんなWRMさんのラバーレビューを今回はしていきたいと思います。ラバーレビューの比較は3商品で木星2とキンブルとパラディンブルー。それぞれ粘着テンションラバーですので、テンションユーザーで粘着ラバーを使用してみたいと思っている人に向けてラバーレビューしたいと思います。卓球をやっている人は是非、チェックして見て下さい。

【WRM】ラバーレビュー!

卓球動画投稿でも人気のWRMさんのラバーレビューですが、今回は木星2とキンブルとパラディンブルーについて。普段テンションユーザーを使っている人がこれらの粘着テンションを使ったらどう感じるのか?それをレビューしたいと思います。

現在テンションユーザーで粘着に挑戦してみたい卓人は参考にしてみて下さい。
今回紹介する卓球のラバーは下記のWRMさんの公式HPにて購入できます!

<WRM>
https://rubber.ocnk.net/

木星2

販売価格: 3,480円(税別)
※税込価格: 3,828円
カラー:黒/赤
硬度:36度/39度
厚さ:2.2mm

木星2はブルースポンジで硬度が36度と39度と2種類あり。普段硬いラバーを使用している人は39度、柔らかいラバーを使用している人は36度がよいかと思います。硬いラバーの方がしっかりインパクトした時に回転の最大値が高いですが、柔らかいラバーの方が回転のかけやすさがあります。
木星2はテンション打ちでもなんとかなるラバー。なので、テンションユーザーでも使えるラバーになっています。ただ、粘着打ちの方が回転がある良い球がいく印象ですね。
WRMさんで常に売上ランキング1位になっている大人気ラバー!発売してから現在に至るまでずっと人気が続いている注目ラバーです。

キンブル

販売価格: 3,480円(税別)
※税込価格: 3,828円
カラー:黒/赤
硬度:48度/52度
厚さ:2.2mm

キンブルの硬度は48度と52度とあります。硬度については木星2でお話ししたのと同じ。ただし、キンブルは黒がブルースポンジなのに対し赤はホワイトスポンジになります。赤ラバーだと色味の関係でホワイトスポンジを採用したとのこと。キンブルの特徴は木星2よりもテンション打ちでOKでかなり弧線が上がるラバーです。その為、下回転打ちがかなり楽!上がりすぎたりすることもあるので、少し調整は必要かもしれません。弧線を描くため、安定感を求める選手によいですね!

パラディンブルー

販売価格: 3,480円(税別)
※税込価格: 3,828円
カラー:黒/赤
硬度:52度
厚さ:2.2mm

パラディンブルーの硬度は52度のみ。48度をやるとキンブルと非常に似た感じになる為、52度のみにしたそうです。粘着ラバーだとスピードを出すのが難しいですが、パラディンブルーは粘着ラバーの中でも破壊力,スピードが出せるラバー。ガンガン攻めに行きたい選手におススメですね。粘着ラバーは日ペンのバック技術が大変と言われています。バックプッシュでネットを超えるのが難しくやり辛さがあると。しかし、パラディンブルーは日ペンのバック技術のやり辛さがそんなにありませんので、片面日ペンユーザーにもおススメかもしれません!




以上、今回はテンションユーザー目線の木星2とキンブルとパラディンブルーのラバーレビューをしてみました。WRMさんのラバーは安くてとてもよいので、試してみるのはありかと!!

テンションユーザーで粘着打ちも出来るのであれば木星2。弧線を描いて安定感求める選手や試合中に下回転打ちの展開が多い選手はキンブル。粘着の中でもスピードある球で攻めたり片面日ペンの選手なんかはパラディンブルーがおススメかなと個人的に感じました。

もちろん、テンションラバーに比べてスピードは劣りますが、回転量だったり台上のやりやすさはやはり粘着ラバーの方が上。また、ドライブの球の伸びやエグイ球が出るのも粘着ラバーの特徴。初心者~中級者までだとサーブレシーブ,3球目や続いても4球目で終わる展開が多いと思いますので、初心者~中級者層は粘着ラバーの方が試合で勝ちやすいと思います。

テンションユーザーで粘着ラバーが気になる!という卓人は是非、WRMさんの粘着テンションラバーを試してみて下さいね!WRMさんの公式サイトでは色々なユーザーの卓球ラバーレビューを見れたりもしますよ!!

テンションユーザーで粘着ラバーが気になる人はいきなりゴリゴリの粘着ラバーを使うより、まずは粘着テンションラバーの使用をおススメします。今回ご紹介した3つの粘着テンションラバー、木星2とキンブルとパラディンブルーを是非試してみて下さい!

<WRM>
https://rubber.ocnk.net/

ページ上部へ戻る