卓球 メガネとコンタクトレンズどちらがよい?メリットとデメリット!

卓球をやる上で球がよく見えるということは重要な部分。目が悪い人からすると、メガネやコンタクトレンズを着用したいと思うでしょう。卓球をやる場合、メガネとコンタクトレンズとどちらがよいのか?今回はこれらについてのメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います。

【卓球】メガネとコンタクトレンズ メリットとデメリット!

卓球をやる人の中にはメガネかコンタクトレンズ、どちらがいいのか?悩んでいる人がいるかと思います。結論からいいますと、メガネよりもコンタクトレンズをしている人の方が多く、コンタクトレンズの方がおススメだと感じます。

メガネに関してなのですが、フレームにより視界を邪魔する,球が見えにくいことがあるなどという欠点が・・・。死角ができることは大きなデメリット。スポーツ用のメガネとか売っていますが、卓球には不向きかな?と感じてしまいます。

また、友人はメガネで卓球をやっているのですが、夏場はかなり辛そうです。汗が度々メガネについてタオルで頻繁に拭いたり、レンズが曇ってしまうことも・・・。ですので、夏場は特に大変だと思います。

メガネのメリットとしては、1度購入してしまえば壊れない限りずっと使い続けることが可能。コンタクトレンズのように変える必要がありませんからね。また、一瞬でかけれるのでコンタクトレンズよりも着脱がはるかに楽でしょう。

コンタクトレンズのメリットはメガネのフレームのように視界を邪魔する物がない点。これは卓球をやる上で大きなポイント。ただデメリットとしては、物によって体質に合う合わないがあるそうです。自分の体質に合うコンタクトレンズを見つけることは大変だったりしそうですよね・・・。

スポーツ全般の話を少ししますと、体の接触がない陸上,テニス,ゴルフや卓球などは、どのようなコンタクトレンズでも比較的大丈夫。しかし、体の接触プレイが多くあるサッカー,バスケ,ラグビーなどは、ズレやすく外れやすいハードコンタクトレンズを避け、ソフトコンタクトレンズの装着がよいと言われています。

卓球をやる人の中には自分の体質に合わない,なんだかズレやすいと感じながらコンタクトレンズを装着してやっている人がいるのではないでしょうか?もしくは、コンタクトレンズは自分にはダメだからメガネにしている!という人も。

そういった人は1度、自分に合いそうなコンタクトレンズを探してみるのもありかもしれませんね。

遊びとか趣味で楽しく卓球をやりたい感じならばメガネで全然よいと思いますが、ガッツリ打ち込んで試合でも結果を出していきたい!というのであれば、個人的にはコンタクトレンズの方がよいのでは?と感じました。

最終的にはそれぞれの好みによりますので、2つのメリットとデメリットを参考に考えてみて下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る