卓球 横下回転と横回転サーブのレシーブ方法!取り方や返し方をマスターしよう!

卓球を始めたばかりの人によくある疑問、横下回転と横回転サーブのレシーブ方法。 横下回転と横回転の取り方は?返し方は?初心者には特に難しいですよね。横下回転や横回転を混ぜてサーブを出してくる選手は非常に多いので、卓球をやる上で横下回転と横回転のサーブのレシーブ方法は身につけなければいけない技術。横下回転と横回転の取り方、返し方をしっかりと覚えておきましょう。

【卓球】横下回転と横回転サーブのレシーブ方法は?取り方や返し方を覚えよう!

近年、卓球では横下回転や横回転を出してくる選手が非常に多いです。ナックルや下回転だけですと、相手からすればレシーブが非常に楽。そこで横下回転や横回転を混ぜることで、相手のレシーブミスや3球目攻撃の為のチャンスを作ったりします。また、横下回転や横回転をわかりずらく出すことでサービスエースを取りやすくなりますからね。

そこで、卓球をやっている人は必ず身につけておきたい技術、横下回転と横回転のサーブのレシーブ方法。取り方や返し方がわからない人はマスターするようにしましょう。

まず重要なのは回転を見極めること。横下回転と横回転サーブを見極めるポイントは相手がサーブを出すインパクトの瞬間、ラケットの角度がどうなっているか?相手と同じラケットの角度でレシーブすることにより、簡単にサーブを返すことができます。

相手が横下回転や横回転を出す際、ボールを高く上げてやる投げ上げサーブやボールをラケットに当てた後に、フェイクモーションを入れて惑わしてきたりします。投げ上げサーブやフェイクモーションに惑わされない為には、ラケットがボールに当たるインパクトの瞬間、そこにだけ注目すること。サーブのインパクトの瞬間のラケットの角度と同じ角度でレシーブすることにより、ボールを返すことが可能となります。

この同じ角度にするというレシーブ方法、かなり参考になる動画がありましたので、チェックしてみて下さい。

横回転サーブに強くなるレシーブ方法

初心者はサーブを出す相手と同じ角度にするという点を意識して、取り方や返し方を学びましょう。まずはレシーブミスをなくすこと。それがとても大切です。

次に、中級者や上級者になると、ドライブで攻めたり強打で攻めたりしてきます。短い横下回転や横回転をドライブすることは厳しいですが、はらったり流したりと、レシーブから攻めていくことが可能。短い横下回転,横回転に関しては、はらい,流し,ストップ,深い位置へツッツキなど色々な攻めのパターンがあります。

長い横下回転や横回転の場合、レシーブで攻めたいのならばドライブや強打を試しましょう。

まず、ドライブをする場合。横回転の場合はラケットを少しかぶせて角度を合わせ、前に振るようにしましょう。横回転のボールを持ち上げるドライブはオーバーしてしまいます。必ず、下から上に振るドライブではなく、横から前に振るドライブ。これが重要です。

逆に横下回転の場合は下から上に振るドライブで持ち上げて打つと入ります。横下回転のボールを横から前に振るドライブだとネットを超えませんからね・・・。横回転と横下回転をしっかりと見極めてドライブする時のラケットの角度、振り方に注意しましょう。

迷ってドライブしてしまうのが一番よくなく、ミスしやすいパターン。迷わずに、思い切りドライブすることが大切です。

上記のドライブについての説明は基本的な情報であって、絶対ではありません。というのも、相手の横回転サーブや横下回転サーブがどれぐらい切れているのか?バウンドはどれぐらい高いのか?低いのか?また、レシーブする側のドライブの威力はどれぐらいあるのか?使ってるラケットやラバーによって弾み方もかなり変わってきたりします。

その為、自分の使っているラケットやラバーの性能を理解し、相手のサーブの切れ具合やバウンドの高さによってうまく調整することも必要。ですので、横回転サーブや横下回転サーブをドライブで返すというのは初心者には少し難しいかもしれませんね。

ドライブの他には強打するという手もあります。横下回転を強打するのは中々厳しいですが、横回転ならば強打やスマッシュすることが可能。というのも、普段、卓球をやっている人ならばフォア打ちをすると思うのですが、そのフォア打ちの感覚で打てば横回転サーブを返すことができます。フォア打ちの感覚で入れるだけのレシーブだと相手に3球目攻撃されてしまいますので、フォア打ちの感覚で少し強めに強打するのがポイント。横回転サーブのレシーブ方法は一見難しそうに見えて、実は簡単。横回転がきた!と思ったらフォア打ちをイメージしましょう。

今回は横下回転と横回転のサーブのレシーブ方法、取り方や返し方について色々と説明してきましたが、あくまでも基本的な説明です。先ほども言いました通り、サーブの切れ具合やバウンドの高さなどにより調整が必要ですので、その辺りは毎日練習して経験すること。

横下回転と横回転サーブが上手い人に混ぜてサーブを出してもらい、それをレシーブする練習を繰り返していきましょう。そうすることで、レシーブ力がアップするはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る