卓球 キョウヒョウ3国狂ブルー(ニッタク)のレビュー評価!注目の粘着ラバー!

ニッタクから発売のキョウヒョウ3国狂ブルー!粘着ラバー使いはかなり気になるのではないでしょうか?そこでレビュー評価はチェックしておきたいところ。今回はキョウヒョウ3国狂ブルーのレビュー評価を見ていきましょう。ニッタク一押しの大注目卓球ラバーです。

【卓球ラバー】ニッタク粘着ラバー!キョウヒョウ3国狂ブルーのレビュー評価!

ニッタクから発売された粘着ラバー、キョウヒョウ3国狂ブルーのレビュー評価をさっそく確認していきましょう。既に試打している卓球YouTuberが何名かいるので下記に試打レビュー評価を記載していきたいと思います。
※ニッタクから発売のキョウヒョウ3国狂ブルーはスポンジ硬度42.5度で価格は15,000円+税と高額ラバーです。

レビュー評価

・キョウヒョウシリーズの中で重量は軽め
・打球感はハード
・弾力があって球持ちが良い
・ボールが深く入る,飛距離が出る
・軌道が山なりになりやすい
・ボールの伸び沈みがよい
・台上の止まり具合がよい(短く低く止まる)
・使いこなすのは難しい(中級者以上のインパクトある人向け)




ニッタクから発売の粘着卓球ラバー、キョウヒョウ3国狂ブルーのレビュー評価は上記の通り。

まず一言でいうと、中級者~上級者向けのラバー。県大会で何回か勝ててインパクト強く打てる粘着ユーザーにかなりおススメかと思います。逆に、インパクトが弱かったり初級者層にはおススメできないラバー。使いこなすのが難しいので技量がある人でないと棒球ばかりいってしまうでしょう。

キョウヒョウ3国狂ブルーはぶつけ打ちすることで球の伸びが凄くよいボールがいくとのことで、擦り打ちよりぶつけ打ちプレイヤーに使ってほしいラバー。使いこなせれば球の伸び沈みが激しい相手が取り辛いボールがいくので、試合で勝ちに繋がる展開に持っていきやすいでしょう。また、台上の止まり具合にも優れていますので、台上から先手が取りやすいのもポイントの1つ。

値段は高いラバーですが、使いこなせる卓人であればかなり魅力的なラバー。ニッタクから発売されたキョウヒョウ3国狂ブルー、レビュー評価を見て気になった方は1度使ってみるのもありかと思いますよ!

【中国NT使用】国狂ブルーってなに!?【時吉佑一さん解説】

 

ページ上部へ戻る