卓球 木星2ブルー(WRMラバー)の試打レビューを本音で語る!

卓球YouTube界でトップを走り続けているWRMさん。そんなWRMさんの一番人気ラバーである木星2の試打レビューについてお伝えしたいと思います。木星2ブルーは多くの卓人が注目しているラバーですので試打レビューが気になるのではないでしょうか?卓球好きはWRMさんのラバーに注目してみてほしいと思います。

【卓球】WRMラバー木星2ブルーのガチ試打レビュー!

卓球好きなら多くの人が知っているWRMさん。そんなWRMさんの人気ラバーである木星2ブルーの試打レビューを詳しく記載していきます。

木星2ブルーの特徴

粘着テンションラバー
硬度:36度,39度
色:黒,赤

近年粘着ラバー人気が高まり、様々なメーカーの粘着ラバーが注目されています。今までテンションラバーを使ってた人がいきなりガチの粘着ラバーを使うと中々扱いが難しい為、粘着テンションラバーである木星2ブルーはテンションユーザーも移行しやすいのが特徴。
ラバーの臭いはきつく、1週間~2週間と時間が経過していくと馴染んで使いやすくなるラバーです。

木星2ブルーの良い点

・弾まないラバーなのでしっかり台におさまる
・台上技術がやりやすい(ツッツキ,ストップ,フリック,流しなど)
・サーブの回転がかかる
・ドライブの回転量がある
・ドライブが相手コートで伸びたり沈んだり取りづらい球がいく

木星2ブルーの悪い点

・開封直後は扱いが難しい(開封して数日~数週間で馴染む)
・ラバーがかなり臭う(ラケットケース内など臭くなってしまう)
・弾みがおさえられている分、中後陣での打ち合いには向かない
・スイングスピード,インパクトなどしっかり打てる人じゃないと良い球がいかない

おススメの層

試打レビューを見て頂けるとわかる通り、卓球始めたばかりの初心者や上級者には向かないラバーです。初級者~中級者層に向いているラバー。
初心者だと扱いが難しいという点、上級者だとラリーで打ち合いになるので弾みがないのはかなり物足りなさが出てきます。

逆に、初級者~中級者層だとラリーにいくまでの段階、サーブレシーブ3球目~5球目ぐらいで終わることが多いので、サーブレシーブ3球目でしっかり性能を発揮できる部分が嬉しい点。初級者~中級者層は上級者のボールタッチや感覚がないですが、木星2ブルーはそういった面である程度補ってくれるラバー。ですので、初級者~中級者層におススメ出来るというわけです。

※上級者は弾むラバーを使っても質の高い技術(短く低くストップしたり鋭いツッツキしたりなど)が可能ですが、初級者~中級者層は弾むラバーだと質の高い技術をするのが難しい。木星2ブルーは弾みをおさえた分、そういった技術がやりやすくなる。




木星2ブルーは粘着テンションなので、弾みをおさえて回転量がかなりあるラバー。打球感などの好みはありますが、使用するなら初級者~中級者層におススメ出来るラバーかと思います。

ちなみに、シェークのフォア面での使用を推奨します。片面日ペンに貼ってしまうとバックショートが非常にやり辛い印象。オールフォアでガンガン攻めるプレイスタイルなら良いかもしれませんが・・・。

価格も4000円以下で購入できますので気になった方は1度試してみてはいかがでしょうか?普段卓球をやっていてWRMさんの動画を見ている方は特に試打レビューを参考に使ってみてほしいところです。

<WRM 公式HP>
https://rubber.ocnk.net/
<木星2ブルー>
通常販売価格:3,480円
※セールなどで安く購入できる時もあり

ページ上部へ戻る